ニュース

ここでは、ニュース に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070524-00000050-reu-bus_all

グリーンスパン氏の中国株への先見は影響するかも知れません。中国株を懸念視なさっています!!あなたが急に、思いも寄らぬ損失に見舞われたとき、相談に乗ってくれるクレジットカードローン、消費者金融があります。先を見越して、計画的な借り入れを、比較検討してください!

 グリーンスパン前米連邦準備理事会(FRB)議長は23日、中国株式市場について「劇的な収縮」が懸念されるが、世界経済は資産価格低下の痛手を受けずにすむ可能性がある、との見解を示した。
 電話会議形式で当地の会合で講演した前議長は、昨今の中国株ブームは「明らかに持続不可能」と指摘。「ある時点で劇的な収縮(dramatic contraction)があるだろう」と述べた。
 前議長はまた、調整は中国の個人の富に問題を引き起こす可能性があるとの見方を示した。一部のアナリストは、損失を被った投資家救済と社会不安を回避するため、中国政府は準備金を利用する可能性を指摘している。
 前議長は安価な中国の輸出品は、東欧の労働力、低インフレ・低金利の波及効果と並んで、世界的な成長に拍車をかける要素の一つだと指摘。
「この5年間、世界は全体として、歴史上のどの時代よりも速く成長している。持続は不可能であり、持続はしないだろう。なぜならば一度限りの調整だからだ」と述べた。
 世界の資産価格は低下する可能性があるとした一方で、経済にそのショックを吸収するに柔軟性があれば、痛手を被らずにすむ可能性があるとした。「特定のレベルで大幅な落ち込みはあるが、雇用または実体経済のレベルで必ずしもかなりのフィードバックがあるとは限らない」と述べた。
 前議長は米国の経常赤字に言及し、「そのものについては特に心配していない。基本的には市場の力だと思う」とし、むしろ財政赤字の方を懸念していると述べた。
 この日1バレル=70ドル前後となった原油価格については「原油の問題はピークを迎えたり、枯渇しつつあるということではない。そういうことは起きていない。問題なのはアクセスだ」と指摘。地政学的な問題が主要産出国を悩まし続け、投資が不十分な水準に留まるとすれば、今後数年のうちに世界のエネルギー市場で困難が生じると指摘した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070524-00000050-reu-bus_all
スポンサーサイト
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070504-00000018-san-soci

スリをする知恵があるのなら。。犯罪に手を染めるなら。。人生、他に知恵を回せば、必ず、人間は、成長できます。お金が無いなら、計画的な返済を考慮し、理解ある、キャッシングローンや、消費者金融が、あなたに、お金を貸してくれます。

埼玉県警川越署は3日、同県川越市脇田町の川越駅東口のデパート「アトレ」で、女性客(67)のバッグから財布を盗んだとして、窃盗の現行犯で同県三芳町藤久保の無職、西川勝美容疑者(82)を逮捕した。被害に気付いた女性客が小走りに逃げる西川容疑者を約30メートル追跡して取り押さえ、交番に突き出した。

 川越署の調べによると、西川容疑者は3日午前11時40分ごろ、「アトレ」2階通路で背後から女性客に近づき、肩にかけていたバッグのファスナーを開け、現金約1万2000円などが入った財布を盗んだ疑い。

 西川容疑者はスリの常習犯で、昨年5月に栃木刑務所を出所したばかり。娘夫婦と同居していた。夫の恩給(3カ月で約15万円)の収入があり、逮捕時に約10万円の所持金があった。旅行が好きで、「自分のお金がほしかった」と供述している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070504-00000018-san-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070502-00000004-maip-bus_all

世の中には、大手以外の中小消費者金融・キャシングローン会社は、多数あります。その珠玉混合の消費者金融の中には、融資や審査の仕方、申し込みも、色々な方法があります。あなたに、合った消費者金融を、見つけましょう。

 消費者金融大手が新規の貸し付けを絞り込んでいる。これまで高収益の元となっていたグレーゾーン金利が09年末をめどに廃止されるのを前に、資金回収をより確実にしようと顧客の選別を進めているのだ。これまでの高金利に頼った経営戦略を転換し、審査基準を厳しくしても返済が期待できる優良顧客を相手に、生き残りを図る。
 プロミスの07年3月期連結決算によると、新規貸し付けの申し込みに対し、実際、貸し付けが決まった率を表す「契約率」は50.2%で、前期より9.7ポイント低下した。申し込み者数自体は50万人程度で大きな変化はなく、契約率の低下は「昨年12月から審査を厳しくした結果」(プロミス)といえる。08年3月期は、審査の厳格化を嫌気して、申し込み件数も45万人程度まで落ち込みそうで、契約率は40%弱を見込む。
 こうした傾向は、アイフル、アコム、武富士にも共通する。プロミスを加えた大手4社の今年2月の新規貸し付けの平均契約率は44.5%。2人に1人は融資を断られた計算だ。前年同期の平均契約率64.3%に比べ約20ポイントの低下で、顧客の選別を急ぐ大手の姿勢が鮮明になっている。
 消費者金融はこれまで、グレーゾーン金利のお陰で、高金利で多数の顧客に貸し出すことにより、返済できない顧客によって発生する損を上回る利益を確保してきた。しかし、グレーゾーン金利が廃止されると、損を減らさなければ収益の悪化が避けられない。顧客の選別はこのためだ。「既に3社以上から借り入れがある場合、融資を断るケースが多い」(大手)といい、アイフルは融資対象を69歳以下とする年齢制限を導入した。
 一方、中小の消費者金融会社では、廃業が続出している。昨年4月からの半年間で貸金業者は約1割減ったが、大半が中小業者。業界団体幹部によると、昨年12月の改正貸金業規制法成立後、廃業のペースは一段と上がったという。規制強化を受けて銀行やノンバンクが、中小業者への融資を手控えるようになったためだ。
 大手より審査が緩い中小業者は、これまで大手から新規貸し付けを断られた借り手の受け皿になってきたが、こうした業者が廃業に追い込まれることで、どこからも貸し付けを受けられない人が増える可能性がある。
 米格付け会社、スタンダード・アンド・プアーズの根本直子マネジング・ディレクターは「規制強化に対応するため、大手は今後さらに融資の厳格化を強めるだろう」と予測。将来的に大手の貸付残高は半減すると試算している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070502-00000004-maip-bus_all
SEO対策:消費者金融 SEO対策:甘い SEO対策:ブラック SEO対策:キャッシング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。